×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

星名意味誕生星星言葉
α ポラリス Polaris 極の星 4/30  弱者への理解
 情愛・情熱
 人につくす誠意と同情
β コカブ Kochab 北の星 11/ 7  自己批判・意志
 理想・寛大
 包容力と寛大さ
η エータ         11/28  進取・力ずく
 欲望・野心
 挑戦する進取の精神
θ テータ         11/17  自己主張・自信
 征服欲
 鋭い頭脳と自信
γ フェルカド Pherkad 子牛        
δ イルドゥン Yildun            
【星座の由来と物語】
 森のニンフにカリストという娘がいた。大神ゼウスがカリストに恋をし、二人の間にアルカスという息子が生まれたが、これを知ったゼウスの妻ヘラによって、カリストは熊された。アルカスが立派に成長したある日、アルカスは獲物に向かって弓を引いたが、その熊は母であるカリストだった。これを見たゼウスは驚き、矢がカリストを射殺す前に、2人を天にあげて、カリストは大熊座、アルカスは小熊座となった。母は慕うように息子の周囲を回転する。また、2人へのヘラの怒りは天に昇ってもおさまらず、永遠に地上に降りて休むことを許されず、ずっと沈むことがないようにされたともいわれる。