×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

星名意味誕生星星言葉
α アケルナル Achernar 河の果て 4/16  散漫・多趣味
 熱しやすさと冷めやすさ
β クルサ Cursa 足台 6/ 9  伝統・変革
 再生
 格式を重んじるセンス
γ ザウラク Zaurak 舟の輝く星 5/23  直感・地道
 夢の実現
 直感力と慎重さのバランス
ε イプシロン         5/16  他人への甘え
 寛大・交際
 孤独を嫌い、人に尽くす
ζ ゼータ         5/12  知識尊重
 好奇心・交際
 依存しがちな社交性
θ アカマル Acamar 河の果て 5/ 7  理想・進取
 欲望
 あふれる向上心と闘争心
ι イオタ         5/ 3  影響力への希求
 物欲
 影響力のある存在感
μ ミュー         6/ 3  葛藤・独立心
 才能ある自立心
ο1 ベイド Beid 5/26  勤勉・衒学
 器用
 博識なる自信
τ4 タウ4         5/13  自信過剰
 野心・博識
 博質と資質の自信
φ ファイ         4/26  仲間意識
 マンネリ・協調
 幸せを分かちあう
κ カッパ         4/29  勤労・安定
 逆境での強さ
 自らを鍛えるひたむきさ
δ ラナ Rana カエルの名前        
η アザ Azha だちょうの巣        
ο2 ケイド Keid 卵の殻        
τ2 アンケンテナル Anchentenar 河の曲がり角        
υ1〜υ4 テーミン Theemim 双子達        
【星座の由来と物語】
 ヘリオスとクリュメネの子パエトンは、成人してから自己の出自を知り、父ヘリオスと再会を果たす。ヘリオスがパエトンに、何事でも願いをかなえてやると約束すると、パエトンは父の太陽の戦車を御すことを望んだため、ヘリオスは躊躇したが約束を反故にもできず、やむなくこれを許諾した。 しかし、パエトンに荒馬を御すことはできず、太陽の戦車は暴走し、大地を干上らせ、森も山も、多くの都市も住民を含めて、さらには神々の集うオリュンポスさえも焼いた。暴走を食い止めるために大神ゼウスは雷を落とし、パエトンは燃えながら落下し、エリダヌス川に落ちたという。パエトンの亡骸は、エリダヌス川の近くに埋葬され、パエトンの妹のニンフ、ヘリアデスたちは悲嘆悲嘆のうちにポプラの木と化し、涙は凝って琥珀となったという。